マンスリーマンションは保証人不要で入居しやすい

契約したその日から、普通の暮らしが可能です!

単身赴任や長期出張など、一人暮らしをすると決まった時、まずは気になるのが新しい住まいのことではないでしょうか。ビジネスホテルを使えば高くつくし、かと言って、気に入った賃貸マンションを探すのも結構大変です。それに引っ越しの手間も掛かります。そこでおすすめなのが、マンスリーマンションです。
月単位で借りられますから、まずは入居してみて、その間に他の物件を探すこともできますし、気に入ればずっと住むことだって可能です。何よりも嬉しいのは、家具も電化製品も揃っていることです。バッグに最低限の荷物を詰め込んでおけば、契約したその日から普通の生活が送れます。
しかも、契約に際しては、敷金や礼金などは不要です(仲介手数料は必要)。通常の賃貸マンションであれば、親や親戚の誰かに保証人になってもらわなければなりませんが、マンスリーマンションでは、そんな保証人さえ用意する必要はありません。

利用前に知っておくべきこと

一人暮らしをするには何かと便利なマンスリーマンションですが、これから利用するにあたり、知っておいて欲しいことがあります。まずは家賃に関してですが、期間が決まっている分、家賃は原則前払いとなっています。あと、共益費や寝具代などは当然必要ですが、光熱費とインターネットの利用料金については、家賃に含まれている物件もあります。また、割引プランもありますから、長期間住み続けるのであれば、短期の契約を繰り返すよりも、最初から長期の契約を結んでしまった方がお得です。ただし、違約金が発生しますので、途中解約にだけは注意してください。
なお、一口にマンスリーマンションとは言っても、中身は様々です。最近は借り手のニーズに合わせて、女性専用だけでなく、ペット可能という物件もあったりします。住む人もビジネスパーソンから学生さんまで様々ですので、まずはお試しを兼ねて、1ヶ月だけでも住んでみてはどうでしょうか。

マンスリーマンションを東京で探しているなら、物件が多いので注意が必要です。最寄り駅までの距離や交通アクセスをチェックして、行きやすい物件を選ぶことがポイントです。