初期費用がお得、敷金礼金無しで入居が可能

入居期間が決まっているならマンスリーマンションが有利

賃貸物件を借りる際には、諸費費用として家賃の6ヶ月分程度が掛かるので、2年以上同じ場所に契約更新をして済み続けないと割に合わないことも出てきます。マンスリーマンションならば、必要な期間だけ借りることが出来る上に、敷金礼金といった費用がかかりません。契約期間に応じた利用料金を前払いすれば、家具家電付きの物件が多いので、カバン1つで入居出来ます。
マンスリーマンションを契約する際には、入居したい期間分だけ先に一括払いすると1月あたりの費用が安く済みます。入居してみないと住み心地が分からないので、まずは3ヶ月などお試し入居してみることもマンスリーマンションなら出来てしまうわけです。気に入ったら契約期間満了前に決められた期間内で管理会社に言えば再契約可能です。

余計な審査が無いので申し込めば入居出来ます

マンスリーマンションの入居時は、簡易的な審査しか無いので、反社会的勢力に属していない限りは料金も前払い制ですから申し込みを行って料金を支払えば入居出来ます。賃貸物件を借りる時に、保証会社が介在すると不愉快な思いをする機会が増えているので、マンスリーマンションならば面倒な保証会社との契約すらありません。
マンスリーマンションの管理会社との契約については、郵送でも行えるので部屋を内見することなく借りることも出来ます。とりあえず入居して様子を見てから、本格的に長く住むためのマンスリーマンションを探すことも可能です。調理器具の調達と清掃費用さえ支払えば、住み替えもしやすいので、遠方からの上京時にも利用可能です。